スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お客様からのプレゼント

先日、お風呂とトイレのリフォームをさせて頂いたお客様から

嬉しいお声をいただきました。


「お客さまの声  :浴室はどうしても狭くなるということで少し心配でしたが、
            思ったより狭い感じはなく、手入れも簡単、
            使い勝手の良いものになりました。

            衣類乾燥も思っていたよりもよく乾き、冬の暖房が楽しみです。
            トイレは収納棚をつけ、スッキリ、希望通りになりました。

            家族全員満足です。

            担当者の方が女性でしたので、
            主婦目線での細やかな助言がとても役に立ちました。

            実際に使ってみての感想が聞けたのが
            満足の仕上がりにつながったと思います。」


こういうお声を頂くと、1年くらいは頑張れそうな気がします。
O様、ありがとうございました。


うん、明日も頑張ろう!

スポンサーサイト

受験生のいる夏休み

今年は高校三年生の息子がいるため、

いつもとは違う夏休みです。

学校の夏期講習に、塾の夏期講習

それ以外の時間は塾の自習室へ、
朝早くから夜遅くまで弁当を持ってお出かけ。

週末は模擬試験やら実力テストやら・・・
この生活が、来年の1月のセンター試験まで続くのかと思うと
なかなかにハードです。

親として何かしてやれることもないのですが、
せめてご近所の神社へお参りにでもと思ったところ

息子 「あー、無駄無駄。
    そんなことしたって、俺がやることは何にも変わらないから。
    おいしい弁当作ってくれれば、それで良いからね。」

急に信心深くなっても、神様もお困りかもしれませんね。

家族全員の願いはひとつ。

「現役合格」

こんな生活、今年いっぱいで終わらせたいものです。

夕焼け

はずしてない

8月10日は日本ライン夏祭り納涼花火大会(長いネーミング・・・)でした。

昔は8月の第二土曜日に開催されていたような記憶があります。

高校生の頃、花火が終わりテレビをつけたら
日航機が行方不明だと日本中が大変なことになっており
驚いたことが鮮明に思い出されます。

毎年、花火見物に沢山の方が訪れ、個人的にもお友達を自宅にお招き
しているのですが

ここ数カ月の体調の悪さから、おもてなしが出来るとは思えず
どなたにもお声かけ出来なかったことを、こんなところでお詫びさせて頂きます。
申し訳ございませんでした。

会社の周りが花火の準備で慌ただしい中、
羽黒にお住いのS様がわざわざお支払いに足を運んで下さいました。

定年退職後、ご自宅にいらっしゃることが多いそうで
しょっちゅうかかってくる「オレオレ詐欺」や、怪しげな商品販売の電話

それら全てに応対され

「あのね、今時そんな使い古された手口にひっかかるわけないでしょ?」

と、詐欺の手口の甘さを指摘されるとのこと。

定年まで営業職をされていらっしゃったそうで、

「一方的に電話かけただけで、買ってもらえるわけないじゃない?!」

と不思議な気持ちになってしまうんだとか。

そんなお客様から

「お宅の会社は大丈夫。やってることが”はずしてない”から!」

との有難いお言葉。

「はずしてない」

という言い方が、なんともS様らしく ユーモラスで嬉しくなってしまいました。

”はずれたな”と思ったら教えて下さいね、S様。


hanabi.jpeg

今年の花火には来客はないと思っていましたが、
汚い家もなんのその。
高2の息子の幼馴染たちがやって来ました。

みんな高校はバラバラですが、小学校からずっと仲良くしており
1年に1度のこの再会を楽しんでいます。

花火が上がる度に、

「彼女が欲し------い!!!!!!!!!!!!」

花火にそんなご利益があるとは聞いたこともないぞ。


夏期休業のお知らせ3

今日で弊社も通常業務は終了です。

17日より営業を再開させて頂きます。

皆様、良い夏休みをお過ごし下さい。

お母さんになりたくない

息子も高校2年生。

これが最後の家族旅行になるかもと、1泊2日で伊勢志摩を巡る
ささやかな家族旅行に出かけてきました。

旅行の行先やリクリエーションの内容は全てお父さんの担当。

私も子供たちも、ただ車に乗ってついていくだけの気楽な旅です。

ただ、私はへそくりをかき集めるのと旅の準備を1人で4人分するのが
結構大変。

最近、更年期のせいか体調も思わしくないので
なかなか無理もききません。

sea1.jpeg

お盆とは思えないほど、ゆったりとした海水浴場で子供たちがはしゃぐ姿を
のんびりと眺め

sea2.jpeg

お伊勢さんで赤福氷を頂き、短い夏の一時を満喫。

帰り道は東名阪道おなじみの渋滞にまきこまれながら、
夜10時過ぎに帰宅しました。

世のお母様方ならお分かりいただけるかと思いますが、
旅行は「主婦は旅行は行く前と、行った後が大変!」

2日分の家族4人の洗濯物は大量です。

2度洗濯機を回し、次の日から始まる息子の部活の準備を手伝い
結局眠るのは午前1時過ぎ。
次の日は6時起床。

そんな私の姿を見て、中学1年生の娘は

「なんだかんだ言って、お母さんって一番大変だよね。
 私、お母さんになんてなりたくない!」

と。

「それは、あなたが知っている”お母さん”のモデルが私だけだからだよ。

 広い世界には、あなたが望む”カッコ良くて素敵なお母さん”
 ”楽しくお母さん”をしている人は沢山いるから。」

私は娘にとっては”なりたくないお母さん”のモデルみたいです。

もっと楽しく家事をしないといけないのかしら?・・・と
最後はちょっと悲しい想い出の家族旅行となりました。

正射必中

夏休み前、中1になる娘の2者面談がありました。

春休みの宿題で「自分新聞を作ろう」という課題があり、
自分が好きな事や興味のあることを、新聞の紙面にまとめるという
なかなか面白いもの

「私の作った新聞、廊下に貼りだしてあるから!」

予定時間より少し早く学校に到着し、娘の新聞を見る

弓道新聞1

テーマは4つ年上の兄が中学から始めた弓道。

日本発祥の武道である弓道
最近では日本以外の国々で競技人口が増えて来ています。

先日、ネットのニュースを見ていた時に偶然知りましたが
有名チョコレートブランドであるゴディバの日本法人

ゴディバ ジャパン株式会社 代表取締役社長 ジェローム・シュシャン氏も
20年間も弓道をされており、弓道からビジネスに活用できる様々な事を学んだとおっしゃっていました。

その記事の中に「正射必中」という言葉が出ています。
我が家では息子の口癖であり、馴染みのある言葉です。

「正射必中」
 「正しく射れば必ず中る」との文字通り、「正しい方法で行えば、結果は必ず付いてくる」という考え方。

【ジェローム・シュシャン氏談 抜粋】
 ”「正射必中」という考え方があります。
 これは、「正しい方法で行えば、結果は必ず付いてくる」という意味です。
 お客様のニーズに対応するためには、お客様のための商品を作るべきです。
 これこそが正しい方法であり、正しい矢と同じく、私にとっての正しい道です。
 時には、商品をより多く売るために、
 ただ価格を下げたりあちこちへ商品を送ったりすればいいように思う人もいますが、
 それが正しいアプローチだとは思えません。

 正しいやり方とは、お客様のことを本当に考えて、良い商品を作ることです。
 そうすれば、きっと結果はついてくるでしょう。”

一つの道を極めることは、全ての道に通ずる

仕事も然り。

まだまだ、学ぶことは多いのだなと弓道を通して考えさせられた一日でした。

弓道場1


プロフィール

ようこ3

Author:ようこ3
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。