スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正射必中

夏休み前、中1になる娘の2者面談がありました。

春休みの宿題で「自分新聞を作ろう」という課題があり、
自分が好きな事や興味のあることを、新聞の紙面にまとめるという
なかなか面白いもの

「私の作った新聞、廊下に貼りだしてあるから!」

予定時間より少し早く学校に到着し、娘の新聞を見る

弓道新聞1

テーマは4つ年上の兄が中学から始めた弓道。

日本発祥の武道である弓道
最近では日本以外の国々で競技人口が増えて来ています。

先日、ネットのニュースを見ていた時に偶然知りましたが
有名チョコレートブランドであるゴディバの日本法人

ゴディバ ジャパン株式会社 代表取締役社長 ジェローム・シュシャン氏も
20年間も弓道をされており、弓道からビジネスに活用できる様々な事を学んだとおっしゃっていました。

その記事の中に「正射必中」という言葉が出ています。
我が家では息子の口癖であり、馴染みのある言葉です。

「正射必中」
 「正しく射れば必ず中る」との文字通り、「正しい方法で行えば、結果は必ず付いてくる」という考え方。

【ジェローム・シュシャン氏談 抜粋】
 ”「正射必中」という考え方があります。
 これは、「正しい方法で行えば、結果は必ず付いてくる」という意味です。
 お客様のニーズに対応するためには、お客様のための商品を作るべきです。
 これこそが正しい方法であり、正しい矢と同じく、私にとっての正しい道です。
 時には、商品をより多く売るために、
 ただ価格を下げたりあちこちへ商品を送ったりすればいいように思う人もいますが、
 それが正しいアプローチだとは思えません。

 正しいやり方とは、お客様のことを本当に考えて、良い商品を作ることです。
 そうすれば、きっと結果はついてくるでしょう。”

一つの道を極めることは、全ての道に通ずる

仕事も然り。

まだまだ、学ぶことは多いのだなと弓道を通して考えさせられた一日でした。

弓道場1


スポンサーサイト
プロフィール

ようこ3

Author:ようこ3
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。